Botanical Life

WINE
ワイン

Botanical Life
scroll

WINE
ワイン

播州の気候風土で恵み育まれたぶどうから生まれた播酒
「vin ヴァン」= フランス語でワイン
「播 バン」= 種を蒔き広めていく
「shu シュウ」=集まる、酒 「州 シュウ」=国、地域
この土地から芽生えたワインが時間と場所を越えて自然と人を繋ぎ、集い、広がり、楽しく平和な未来を育てていく事を願い「vin-shu」と名付けました。

vin-shu Pét-nat 2017

アルコール発酵途中に瓶詰めを行い、発酵で生じる炭酸ガスと酵母の旨味が含まれたフレッシュなにごり発泡ワインです。麹、ストロベリー、ドライイチジク、赤すぐり、後半に微かにオレガノなどのほろ苦さのあるさわやかなハーブの香り。開栓直後は泡の勢いも相まってドライで溌剌としたニュアンス。泡が落ち着いてからは果実味からくるほのかな甘さとほろ苦さのバランスが心地良いです。抜栓翌日以降の泡の抜けた状態も楽しめるかと思います。これからの季節にぴったりな、喉を潤す楽しいワインに仕上がりました。

vin-shu 2017

2016に引き続き、島之内フジマル醸造所に委託醸造。ボージョレーの伝統的な醸造法、マセラシオン・カルボニックにて仕込みました。開放タンクに房ごと投げ入れ、積み上がったぶどうの層を交互に足で踏んだ後、20日間の密閉。開放後そのままメンブランプレスにて搾汁。プレス後の発酵の後、17日後に瓶詰め。仕込から瓶詰めまで原始的な手作業で造りました。例年どおり野生酵母での発酵、ノンフィルター、補糖補酸なし、仕込、瓶詰め時の亜硫酸不使用。畑の全てをぶどう以外何も加えず、在りのままボトルに詰め込んだワインです。

vin-shu 2016

よく熟した果実の力を感じる華やかな香りと味わい。ほのかにミントのような清涼感もあり。煮詰めたイチゴジャムや焼いたリンゴのような果実の奥に、きのこや土のニュアンスが微かにあります。なめらかでつやのあるタンニン。時間を経るとアフターに少し紫蘇の葉やチョコレートも感じます。2014、2015からはアルコール度数が1%上がり、重心が低くなり立体感も出てきた印象です。飲み心地は変わらず、優しく滋味深い液体が喉をスルスルと通っていきます。熟成でさらなる進化を期待させる出来映えになりました。

vin-shu 2015

深い薄濁りのガーネット色。
瓶詰め当初はマセラシオン・カルボニック特有のバナナの香りにマスクされていましたが、徐々にベリーA本来の果実の香りが顔を覗かせるようになってきました。酸は落ち着いており、柔らかなタンニンとベリーのフルーティーな果実味が心地良いです。ほんの少し微発泡しており酵母がまだ動いている雰囲気。
1~2年待ってから飲んでも変化、成長がありそうで楽しみです。

vin-shu 2014

薄濁りのルビー色でロゼのような色合い。
1年半の瓶熟成を経てハーブ系の香りがワインに溶け込み旨味となり未熟果由来であろう黄色い酸と熟したぶどうの赤い果実感のバランスが気持ち良く、力強さや分厚さよりも 優しく柔らかでスルスルと飲める薄旨なワインになっています。
この土地やマスカットベリーAという品種の新しい可能性を感じます。

facebook instagram instagram
COPYRIGHT © BOTANICAL LIFE ALL RIGHTS RESEVED.